【C-HR】実燃費が悪いってホント?

C-HRを作った自動車メーカーはトヨタ、トヨタは2代目プリウスの大ヒットから低燃費路線を取っており、これまでにたくさんのハイブリッドモデルやエコカーなどを作ってきました。

それによって「トヨタ=低燃費」「トヨタ=ハイブリッドカー」というイメージを世界中に知らしめる結果となり、これまではその路線を追うことで世界一の販売台数を誇ってきたわけです。

しかし、それがここにきてトヨタを苦しめることになり、「燃費が良くなければトヨタではない」ということを言われるようになり、新しいモデルを作るにしても自動車本来の目的であり、性能である動力性能、走行性能を犠牲にしてまでの燃費最優先の車作りをしなければならない状態になっているのです。

そういった中で作られたC-HRも他の性能をかなぐり捨てて低燃費に力を入れています。

ハイブリッドモデルはプリウスをそっくりそのまま流用し、ハイブリッドモデルもそのままの状態で使っていますし、ガソリンエンジンモデルも同クラスのNAエンジンではなく、いわゆるダウンサイジングターボエンジンを採用して燃費性能を向上を目指した車作りがされています。

国産自動車メーカーの中で一番信用できない、トヨタ発表のカタログ燃費を見てみるとハイブリッドモデルが30.2km/L、ガソリンエンジンモデルが15.4km/Lとなります。

この数字を流用したモデルと比較してみるとハイブリッドモデルはプリウスのSグレードより-7km/L、ガソリンエンジンモデルはオーリスの120Tグレードより-4km/Lほど低い数字となります。

どちらも共通して言えることは、全高が高くなっていること、ボディ形状が空力的に悪くなっていること、車両重量が少し重たくなっているということ、クロスオーバーSUVらしさを出すために大径のタイヤを装備していることなどがあげられます。

ただ、この数字が本当であれば、1.8リッタークラスの小・中型モデルとしてまずまずの燃費性能で、公道でこの燃費性能が発揮できれば燃費面は全く問題ないかと思います。

しかし、この数字はあのトヨタが発表したカタログ値ですので、誤差を含めてもその燃費性能を発揮することはできないでしょう。

では実際に公道を走るとどれくらいの燃費性能を発揮できるのかということになりますが、100km/h巡行ベースの高速道路、地方によくあるバイパスなどの流れの早い幹線道路、そして都心部など渋滞や信号が多い市街地走行で見てみると、まずハイブリッドモデルは、高速道路で22.8km/L程度、幹線道路で23.6km/L程度、市街地で19.4km/L程度となります。

全体的にカタログ値から大幅に悪くなっています。

高速道路で-7.4km/L、幹線道路で-6.6km/L、市街地で-10.8となり、誤差を引いてもかなり低い数字になることがわかります。

注目していただきたいのが高速道路と市街地での数字です。

高速道路は通常では一番燃費が良くなることになりやすいのですが、このモデルでは幹線道路より悪い数字が出ています。

これはハイブリッドシステムであるTHS-IIの特徴で、高速走行の時は、電気モーターだけで走るよりもエンジンがかかりっぱなしになることが多いのでどうしてもガソリンの消費量が増えてしまうのです。

逆にスピードレンジの低い幹線道路の方が電気モーターだけでの走行をうまく引き出すことができるので燃費が良くなります。

それから市街地は、なんと20km/Lを切ることがあるようで、やはり大径タイヤを持つことから負担がかかり、その分バッテリーの消費も早いですしエンジンによるアシストも入りやすくなりますので燃費が極端に悪くなります。

一方、ガソリンエンジンモデルでは高速道路で17.2km/L、幹線道路で13.1km/L、市街地で11.7km/Lとこのクラスのガソリンエンジンモデルとしてはまずまずの数字となります。

ただ高速道路での燃費がカタログ燃費を上回ったことはほめるべきでしょう。

平均してハイブリッドモデルは21.9km/L、ガソリンエンジンモデルは14km/Lというのが実燃費です。

C-HRを相場より10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うC-HRを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったC-HRが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったC-HRを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。

Topics

【概要】
C-HRを作った自動車メーカーはトヨタ、トヨタは2代目プリウスの大ヒットから低燃費路線を取っており、これまでにたくさんのハイブリッドモデルやエコカーなどを作ってきました。 それによって「トヨタ=低燃費」「トヨタ=ハイブリッドカー」というイメ…

HOME

Copyright (C) 2015 SUV・クロカンファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.