【フォレスター】維持費は1年間でいくらぐらい?


【スポンサードリンク】

税金から見ていきますとまず自動車税は2リッター以下クラスとなりますので年間39500円となります。

次に自動車重量税ですが、車検の時に2年分まとめて払うとなると、マニュアルトランスミッションモデルで24600円で1年換算で12300円、CVTモデルでは1.5トンを超えますので32800円で1年換算で16400円となります。

そして自賠責保険料は2年で27840円、1年で13920円となります。

次に車検費用ですが、特別に何かあるわけではありませんので、税金、自賠責保険料抜きで10万円ぐらい見ておけばいいでしょう。


【スポンサードリンク】

次に整備費用ですが、特に壊れやすいところはありませんので点検費用として30000円ぐらい用意しておくだけで大丈夫でしょう。

自動車保険ですがこれは損害保険会社、条件によって大きく変わってくるものですので一概にいくらとは言えませんが、45歳、18等級、35歳以上という条件の方で年間25000円ぐらい、限定付き車両保険付きで34000円、フルカバーの車両保険付きで55000円といった感じになります。

最後に燃料費ですが、年間10000キロ走行でレギュラーガソリン120円、ハイオクガソリン140円で計算すると、まずNAエンジンモデルですが実燃費平均の13km/Lで見ると年間770リッターのガソリンが必要でレギュラーガソリンですので費用としては92400円となります。

一方、実燃費平均10km/Lのターボエンジンモデルはガソリンの量としては1000リッターとNAエンジンモデルと大差はないのですが、ハイオクガソリンなので単価が高く、年間130000万円ほどかかってしまうことになります。

フォレスターを相場より10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「なびくるの中古車お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うフォレスターを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからオドロキです。
(もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったフォレスターが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、納車後1ヶ月以内なら、返品も可能というから、さらにオドロキです!!

中古車お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、なびくるがあなたの条件やライフスタイルに合ったフォレスターを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
税金から見ていきますとまず自動車税は2リッター以下クラスとなりますので年間39500円となります。 次に自動車重量税ですが、車検の時に2年分まとめて払うとなると、マニュアルトランスミッションモデルで24600円で1年換算で12300円、CV…

HOME

Copyright (C) 2015 SUV・クロカンファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.