【エクストレイル】維持費は1年間でいくらぐらい?

エクストレイルは2リッターエンジンを搭載するモデルで車両重量は1.5トン前後、この車を維持するためにはいろいろなものを支払わなければなりません。

まずは強制的に支払わされるものですが、税金としては自動車税と自動車重量税があり、自動車税は1.5リッター以上2リッター未満のクラスとなるため年間39500円、自動車重量税は継続車検の時に2年分を支払いますのでそれを1年分に換算すると1.5トン未満のモデルで7500円、1.5トン以上のモデルで10000円となります。

ただしこれはエコカー減税での計算ですので、適用されるのは3年目の車検時だけで5年目以降は1.5トン未満が12300円、1.5トン以上が16400円ということになります。

それから自賠責保険料も必ず支払わなければならないもので、年間換算で24040円となります。

自動車税、自動車重量税、自賠責保険料をあわせて、1.5トン未満のもので年間63400円、1.5トン以上のもので65900円といった形になりますがこれはエコカー減税によって自動車重量税が安くなっている時の計算ですので、5年目の車検を受けた場合はこの金額よりもっと高いものとなります。


【スポンサードリンク】

税金や自賠責保険料以外にも車を維持していくためにはお金がかかるものです。

一番負担が大きいのは何とに言ってもガソリン代でしょう。

エクストレイルはカタログ値で最大16.4km/Lという燃費性能を持っていますのでその燃費で一年間でどれくらいのガソリン代が必要かという計算をします。

走行距離は年間10000キロ、ガソリン代はリッターあたり120円だとします。

10000キロを走るためには1年で約610リッターのガソリンが必要となります。

ガソリン単価が120円ですので、年間でかかるガソリン代は73200円ということになります。

こればかりは仕方がないです、ガソリンがなければ走らせることができませんので・・・。

ガソリン代をかけたくないのであれば、車を使い頻度を減らすか運転方法をよりガソリンが喰わないような運転に切り替えるしかないでしょう。

それから次の大きな出費となるのが自動車保険、いわゆる任意保険といったものですが、こちらは代理店型と通販型でかなりの違いがありますし、ドライバーの年齢、ノンフリート等級や補償能力によっても保険料が大きく違うので一概にいくらということは言えませんが、34歳でノンフリート等級が13等級で補償内容は対人・対物は無制限、人身傷害5000万円という形で見積もってみると車両保険無しで32000円ぐらい、フルカバーの車両保険付きで80000万円ぐらいになると思われます。

もちろん年齢が若かったり、ノンフリート等級がもっと低いものだったりすれば保険料は高くなります。

それから車を正常な状態に保つには定期点検などの整備費用が掛かります。

エクストレイル自体はそう簡単に壊れるような車でもなく、これ取った持病を抱えているわけではないので、大きな修理費用は必要としないでしょう。

年間で見ても20000円から50000円ぐらい余裕をもって用意しておけば十分足りると思います。

たった3分の簡単入力で、今の自動車保険料が半額に!

我が家では、自動車ローンに住宅ローンと、ローンで家計が圧迫して、どこかを削れないものかと模索してみた結果、自動車保険を見直すことにしました。

昔からずっと入っていたのは、いわゆる代理店型の自動車保険で、その時の保険料は48,640円でした。

通販型にはちょっと不安もありましたが、見積もりをいくつかもらって、金額とサービス内容で納得できれば、変えてもいいかな、という軽い気持ちで調べてみることにしました。

そこで、試してみたのが「保険スクエアbang! 自動車保険」です。

この保険スクエアbang!では、最大16社からの見積もりがまとめて取れるようになっていますが、私が入力した条件で見積もりを取ることができたのは次の5社でした。

自動車保険の見積もりのハガキ・SBI損保
・アクサダイレクト
・ソニー損保
・イーデザイン損保
・アメリカンホーム・ダイレクト

どこも、通販型自動車保険では有名な会社ばかりです。

入力は簡単!3分もあれば終わりました。

すると、どこの会社も1〜2日でハガキが届きました。
金額は、サービス内容によっていろいろなプラン提案があり、とてもわかりやすい。
だいたい1万円後半から、35000円前後までいろいろなプランがありました。

ですが、サービス内容は、これまでの代理店型とほとんど変わらず、なんで今まであんなに高い保険料を払っていたんだろう、とちょっと後悔しました。

ご自分の等級や家族構成などにもよって、金額も変わってくるので、一概にこの保険会社が安くていい、とは言い切れませんが、私は最終的に「SBI損保」に決めました。同じクラスの保険料を比較して、サービス内容にもほとんど差がなく、その中で1000円単位、数百円単位でですが、安かったのが決め手でした。最終的に保険料は22,120円になりました。

つまり、保険料は総額で26,520円も安くなりました。

どの保険会社さんも、ハガキでの連絡のみで、電話は一切かかってきませんでした。その後も、契約しなかった保険会社さんからもしつこい勧誘なども一切なく、あっさりと納得いく自動車保険の乗り換えに成功しましたので、本当にオススメです。

興味のある方は、ぜひ利用してみてください!!

一括見積もりできる主な保険会社

自動車保険の一括見積もりの登録は3分で終わります。
すると、あなたの条件やライフスタイルに合った格安の自動車保険を、数社が提案してくれるのでとても便利です。


【スポンサードリンク】

良質のエクストレイルを相場より、あと10万円安く買う方法!

中古車を選ぶ条件は、人それぞれですが、大きな判断ポイントとしては、走行距離年式などがあると思います。

それらの条件が決まっているのなら、「ズバット車販売の中古車無料お探しサービス」がオススメです。あなたのこれだけは譲れないという条件にピッタリ合うエクストレイルを、中古車のプロが探してくれる、とっても便利なサービスなのです。(かなり細かな要望まで対応してくれます。)

しかも、このサービスを利用するのはすべて無料だからお得です。 (もちろん、相談だけでもOK!)

入力画面で、条件を詳しく入れると、その条件にあったエクストレイルが見つかった段階で、電話またはメールで連絡をくれる仕組みになっているから、入力が終われば、あとは待つのみ。

そのうえ、キャンセル料なども一切かかりらず、最長10年保証、返品も可能なのでオススメです!!

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

中古車無料お探しサービスの登録は1分で終わります。
すると、ズバット車販売があなたの条件やライフスタイルに合ったエクストレイルを、あなたが納得いくまで何度も提案しながら無料で探してくれるのでとても便利です。

愛車を下取り額より、あと10万円高く売るには

ディーラーや中古車販売店に、今乗っているクルマを下取りに出すと、とんでもなく安い査定額が提示され、大損してしまうことがよくあります。

そこで試していただきたいのが、「無料の一括査定サービス」。これを使えば、なんと下取りより平均17万円も高く買取ってもらえるというデータまであります。

有名どころはいくつかありますが、中でもオススメなのが、「かんたん車査定ガイド」

オススメの理由は、1分の簡単入力のみで、査定したいクルマの概算価格がスグにわかるからです(他社のサービスでは概算価格はスグにはわかりません)。

これにより、中古車市場の相場もカンタンに把握できるので、ディーラーや中古車買取店で下取りする場合でも、ここでゲットした概算見積額をいざという時に提示すれば、下取り額の値上げ交渉にも使えるスグレモノなのです。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!!

一括査定できる主な車買取会社

無料一括査定の登録は1分で終わります。
すると、あなたの愛車の概算見積額がスグにわかります。これは他店での価格交渉の際にも、大きな武器になるので、とてもお得な情報です。


【スポンサードリンク】

Topics

【概要】
エクストレイルは2リッターエンジンを搭載するモデルで車両重量は1.5トン前後、この車を維持するためにはいろいろなものを支払わなければなりません。 まずは強制的に支払わされるものですが、税金としては自動車税と自動車重量税があり、自動車税は1.…

HOME

Copyright (C) 2015 SUV・クロカンファン必読!言いたい放題!辛口ぶっちゃけ情報サイト. All Rights Reserved.